ゲームファンの方なら、セガや任天堂が多くの名作ゲームを制作してきたことは、ご存知でしょう。そんな中で、ビンゴのような新しいゲームが人気を集めていきました。ビンゴはオンラインで定期的に開催されています。日本のビンゴは75または100個の玉で行われています。 

ビンゴの他にも、パチンコは人気があります。パチンコはギャンブルで、アーケードゲームとしてプレイされています。しかし他国とは異なり、日本ではギャンブルの報酬に現金を支払うのは違法なので、勝った場合は特殊景品との交換になります。プレイヤーはこれらを別の交換所に持っていって、現金と引き換えることができるという仕組みになっています。 

パチンコ

実店舗でのプレイが一般的ですが、オンラインでの人気も高まってきています。ほぼ全ての駅の近くに、パチンコ店が1軒は存在します。ネオンサインや点滅する明かりでパチンコ店だとすぐにわかります。 

興味深いのは、人々が朝の開店前から列を作り、良い結果が出そうだと思う台を確保しようとすることです。パチンコは縦向きのピンボールマシンで、放たれた鉄の玉が釘のようなピンでできた迷路の中を落ちていくゲームです。この玉を特定のスロットに入れていくことがゲームの目的となります。 

パチスロ

これは西洋のスロットは異なるスロットマシンです。パチスロはよりカラフルで、音楽や点滅するライトなどが特徴です。パチスロは縦型のピンボールマシン内で玉を導き、穴に入れることが目的です。 

これらのマシンはパチンコ店にあります。日本のパチンコ店は他国のカジノと同様の人気があります。パチスロは日本以外では人気がないため、海外では、なかなか見かけることはありません。日本では、パチスロトーナメントも開催されています。

日本のゲームは、西洋の一般的なゲームとは大きく異なっており、まるで別世界です。この違いは、日本の島国文化に根ざしています。

驚くべきことに、日本では海外で人気の「World of Warcraft(ワールド・オブ・ウォークラフト)」や「CounterStrike(カウンターストライク)」はあまり人気がありません。特に人気が高いのは「ファイナルファンタジー」や「ファンタシースターオンライン」といったゲームで、これらは現在、各主要プラットフォームでプレイされています。ゲームの売上で言えば、世界的に最も人気なのが「モンスターハンタークロス」で、2位が「妖怪ウォッチバスターズ」、次いで「大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-」となっています。 

国内のギャンブル

日本では、法律で厳しい規制が掛けられているためギャンブルは非常に限られています。パチンコは実店舗での運営のみが認められています。オンラインギャンブルとなると話は少し違っており、日本在住者が海外オペレーターのサイトを利用することは禁止されていません。 

Royal Vegas Japan(ロイヤル・ベガス・ジャパン)は様々なオンラインゲームを提供しており、モバイル機器でプレイできます。優れたボーナスや、素晴らしい特典などを提供しています。